ゆし木三線 - 八重山(やいま)三線オンラインショップ

ゆし木三線

クリックで画像を表示
売約しました。
クリックで画像を表示
天の部分です。スンチー塗りなので赤ウズラ模様がきれいです。
クリックで画像を表示
鳩胸部です。太鼓は人工特上張りとなっています。

クリックで画像を表示
側面です。ティーガはノーマル仕様となっています。
クリックで画像を表示
天裏です。少し大き目に作ってあります。
クリックで画像を表示
猿尾です。漆が塗られていないので、濃茶、芯材だとわかります。

材料:八重山ゆし木※売約しました。
型:真壁型 太鼓:人工皮特上張り
八重山の島材ゆし木を使用した三線です。

ゆし木は本島の山原ゆしとは違い、身が締まっていてとても堅い島材です。そして充分に乾燥しているので、とても音色が響きます。八重山黒檀と並んで三線に使われていた島材のゆし木。八重山黒檀よりも柔らかく響くのが特徴で、また音に当たり外れがなくどれもしっかり響く貴重な島材です。
のゆし木は赤ウズラ模様なので、スンチー塗りで木の目が際立っています

カラクイ、ティーガは写真にあるセットとなり、このままの状態でお渡しいたします。
こちらの商品にはハードケースをお付けいたします。
※売約しました。

カートの中身

カートに商品は入っていません

お問い合わせフォーム

商品に関する事、また三線に関する事なら何なりと!お気軽にお問合せ下さい!

リンク